東京から札幌に遊びに猫のブリーティングに来ているGさんと夕食。
昨日の置き去り事件のお詫びを兼ねてコバが働いている居酒屋へ

2人だっていうのに鮟鱇鍋とか頼んじゃって、さらに活タコの炙り焼やらアジのタタキやら海鮮中心に北海道を満喫し、さらにデザートでパンナコッタまで食べ腹いっぱい。うぅもう喰えない。と、一人で満足してたらGさんが一言。

「せっかく北海道来たんだからラーメンとか今流行のスープカレーとかが良かった・・・。」


abj撃沈

嗚呼、諸行無常
前日の慌しい参戦から一転、今日はのんびりと10時出勤。
何がって、札幌ドームで行われているコンサカップ2日目に。

結果は期待された?狼さんチームを筆頭に羊さん鳩さんの3チームが順当に予選落ちし、まさかの桃さんチームが決勝進出。決勝トーナメント1回戦で負けたものの無敗での予選突破は立派。
とは、いっても他も全敗チームは無く、昨年から比べたら飛躍的に成長したと思う。馬鹿みたいに毎週毎週サッカーやってる賜物だね。
来年はもう1チーム増やして参戦するらしいので更に期待。がんばろー。

初日に写真撮り忘れたから2日目の分しかないけど、岸辺のアルバムabj版です。なんつってもジェニーの寝顔がたまらない。

ついでに昨年のもアップしちゃいます。


で、大会終了後、全体打ち上げはまた後日ということだったので、アンペと2人でプチお疲れさん会へ。
途中、酔っ払いのファインママとボリスが乱入してきて予定が狂ったけど、早めに退治して飲みなおし。
気がつけば朝4時になってましたとさ。ふぅ~久々にやっちまったぜ。
某書家さんの新年会を早々に切り上げ、コンサカップに向かう。
円山公園近辺から札幌ドームまで25分という爆走。というか暴走。
なんとか初日の狼さんチームの第2試合には間に合った。
試合内容は・・・だったけど結果は1勝1分。負けてないからいいかな。
札幌ドームでやるっていうだけでテンションあがるわ。マジで。

無事札幌に帰還。
どうやら、ここ数日雪は少なかったみたいだ。千歳に放置した車には1ミリも雪が積もってなかったから。
最近携帯電話の電池が一日持たなくなってきた。まだ買い換えて半年しか経ってないぞ。

と、憤慨していたら巷では燃料電池のニュースが話題になっているという。1月19日から東京ビッグサイトで開催されていた国際燃料電池展の展示ブースでは、ほぼ量産品に近い実製品が見ることができる。

だからなんだ?と思うかもしれないが、実はコレ、結構画期的なシロモノ。
現在主流のリチウムイオン電池は充電をして、携帯電話本体はそこから電力供給を受ける仕組み。バッテリー形式。
一方、燃料電池はというと、一種の発電機で、エタノールなどの燃料を酸素と結合させる事によって発電を行う仕組み。携帯電話程度の消費電力なら30日~40日充電不要というのも不可能ではないのだとか。携帯電話内蔵型はまだまだ先になりそうだが、まずは2005年末にDoCoMoとauから外付け充電器(二次充電器)として実用化されるそうです。

こんな感じ


でも↑これって、この段階ではコレ付けてるのとそんなに変わらないような気がする・・・。

そうやって考えると、内臓型が発売されて本当の意味で画期的になるんだろうな。
まずは眼の前の俺の携帯を何とかしてくれっ!と切に願う。
その昔、東京(と言っても八王子)で働いていた頃

「新橋の焼き鳥屋で酒を飲むようになったら俺達もオヤジだな。どうせオヤジになるなら銀座辺りで豪遊できる大人になりたいもんだ」

と、当時の同僚とよく話していたが

本日、見事前者になっていた事に気が付いた。
雪の札幌から逃げるように今日から東京に出張。

レンタカーを走らせながら、「やっぱ雪が無いのは走りやすいなぁ」

と思ってた矢先、雪が降ってきました。

俺、雪男?
56.jpg

とある日曜の午後のゴルフ場、牧師と医者とプログラマーの3人がプレーをしていた。
3人が順調にプレーを進めていくうちに、前の組に追いついてしまった。
しばらく様子を見ていたが、前の組はプレーが遅くてなかなか進まない。
しびれを切らした3人がキャディーに文句を言い始めたところ、キャディーいわく。
「どうかなにとぞご容赦ください。今、前でプレーしているのは目の見えない方々なのです。あの方たちは以前は消防士で、かつてこのゴルフ場のクラブハウスで火事があったときに、決死の活躍で多くの人を救出されました。しかし、その際に皆さん煙で目をやられて光を失われてしまいました。そこで、敬意を表したオーナーが、あの方々についてはいつでも好きなときにプレーをしていただけるようにと配慮しているのです」

それを聞いた3人は黙ってしまった。そして前の組に近づいていって話しかけた。

まず牧師がこう言った。
「皆さんはとても勇気のあるすばらしい方々ですね。私は深く感動いたしました。
神のご加護がありますように祈らせてください」

次に医者がこう言った。
「皆さんの話には深く感銘をうけました。私の知り合いに大変名医の眼科医がおります。
皆さんにぜひ紹介してさしあげたい」



最後にプログラマーがこう言った。
「あなた方は夜にプレーすればいいと思うのですが」


-------------------------------------------------------

友人に裏切られ、全財産を失い、荒れた暮らしで体を壊し、不治の病に冒され、
ひとり寂しく死の床についている男がいた。
突然、目の前に妖精が現れて言った。
「どんな願い事でも構いませんので、あなたがかなえたい事を3つ言ってください」
男は即答した。
「友情と財産と健康が欲しい!」
そして、感激して男は続けた。
「ありがとう! もう何と言ってよいのか...」
「いいえ、どういたしまして」
妖精は答えて言った。


「こちらこそ、アンケートに御協力いただき、ありがとうございました」
今週末コンサカップに向けての最終調整として札幌市北区の和光小学校体育館にてフットサル。
この日、というか前日が雪が降り続いており、車を出すだけでも一苦労し、「こんな日に人集まるのかな?」と危惧したが、行ってみると結構な多人数。そして駐車場は満杯。ホントこんな日に集まる人達スゲーよ。
まぁ人数多かった事もあって6分間を数試合しか出来なかったんだけど、それはそれで仕方ないかな・・・。
面白かったのは、コンサボラチーム女性選抜とフットルース女性選抜チームの試合。

ボール際でぶつかった時とか「ごめんなさ~い」とか「大丈夫ですか?」とか言い合ってるんだけど、実際はガツガツ削ってるんだもの。試合は若干年齢層が低めのフットルース女性選抜チームが競り勝ち。というか粘り勝ち。個人的にも5番のオガサワラちゃんを応援してたんだけどね。
DSC02234-1.jpg050123.jpg


その後場所を石狩に移してさらに練習試合を・・・と思ったんだけど、腰痛くなってきたのでそのまま帰宅。
それにしても最近すぐ腰が痛くなる。腹筋と背筋のバランスが悪いのかな。2月は筋トレ月間にしよかな・・・。


某書道用品店社長宅にて行われた新年会で出された中国の酒・茅台酒(まおたい)。
アルコール度数が47度もあるくせに香りが良く飲みやすいので、気をつけないと気がついたときには、足元フラフラになるとっても危険な酒。
中国では、しばしばお祝いの宴席で乾杯に用いられ、この酒で毛沢東がリチャード・ニクソン大統領をもてなし、周恩来が田中角栄首相を接待したので世界的に有名になったとも言われている。
そういう意味では、この新年会、某書道用品店社長にしてみれば最高のおもてなしだったかもしれない。ただ、この日集まった酒の飲めない連中にとっては究極の罰ゲームだったろうな。

だって、飲み物は茅台酒しかないのだもの。

ちなみにこの新年会、場所を変えて来週もあります。
毎月20日は取立て集金日。お得意さん回り。
当然、金髪頭についていろいろ意見されちゃったりします。

「あらら。派手な髪型ね~」

「若作りしちゃって」

「もういい加減落ち着いたら?」

などと微妙な批判などなど
中でも結構きつかったのが、某掛軸屋さんの

「なんか変。顔が変。」の一言。顔かよっ!

で、立て続けに

「ご家族は何も言わないの?」

ってオイッ!


イテテテテ。
最近はスキーにちょっとはまり気味。
去年から比べたら随分滑れるようになったので、楽しさもひとしお。
本当はコースが長くなった手稲に行こうと思ったんだけど、降りしきる雪と微妙な集合時間(15時)に負けて急遽先日も行った藻岩山へ。すっかりホームゲレンデ気分だな(まだ2回目だけど)
20時ぐらいまでびっちり滑って帰ってきたんですけど、前回より足も痛くないし身体もそんなに疲れてない。習うより慣れろとはまさしくこの事。今年は楽しめそうだ。。。
久しぶりにサッカー。というかフットサル。
今月末に札幌ドームで開催されるコンサカップに出場するためにジョッピン各チームに別れて調整。
ちなみに俺は狼チーム。なにやら勝利を期待されているチームらしいが、俺自身は役立たず。唯一出来ることといえば必死で守ることか?(←必死というところが重要)しかしフットサルの場合、守りと攻めは表裏一体。守ってばかりでも勝てないし、攻めてばかりでもチームとして成り立たない。結構難しいもんだわ。

ま、足を引っ張らない程度に頑張ろうっと。
やっと行ってきました、運転免許証の行進、いや更新。
事故も違反もないので最寄の警察署で済ませてきました。で次の更新は平成22年。
平成が22年まであるのかどうかはさておき、わかりやすく西暦で表示してくれないかな。
その昔、昭和から平成に変わったときに有効期限が昭和のままで危うく失効しそうになったもんな。
そういえば古い免許証返してくれたけどコレって北海道だけ?愛知県では返してくれなかったんですけど・・・。それとも最近こうなったのかな??教えて偉い人。
少しだけ仕事を早く切り上げて藻岩山にてスキーの自主練。
最近のスキー場では珍しくスノーボード禁止のスキー場なので、初心者の俺にとっては危険度もグッと低め。ありがたい。そしてこの日は知っての通りド平日なので、いくらナイターといってもコースはガラガラで滑り放題転び放題。俺が板を履くのに悪戦苦闘しているその横では小学生を教えている若いお兄ちゃんが「遊びに来てるんじゃないぞ!ふざけてるなら帰っていいから!!」と今時珍しい鬼コーチっぷり。すんません。僕も入れてくださいと思わず言いたくなる。
昨年タッカーとコバと一緒に札幌国際行った時の教訓を元に誕生日のプレゼントで購入した総額70000円以上のウェアに身を包みナイターでの寒さ対策もばっちりさ。その時のタッカーの「ゴーグルとコンドームだけはケチったらダメだ。いいの買え!」の名言は今でも忘れない。

で、いざ滑ってみると、さすが一年ぶり。足動かない。膝痛い。リフト乗り場まで行くので汗だく。の連続
なんとか慣れたところで上の方のコースに上がってみる。「うさぎ平こーす」なんて可愛らしい名前書いてあるもんだから油断して行ってみると、最大斜度35度のダウンヒルコースって書いてある。ひぇ~。泣きながら降りてきました。やっぱ俺にはまだコブは無理。勘弁してください。
ま、そんなこんなで悪戦苦闘の2時間半。びっちり汗をかき膝ガクガクになりながら帰ってきました。

moiwa.jpg

それにしても藻岩山のから見る夜景はスゲー綺麗でした。ただ、夜景が綺麗に見えるところはすべて上級者コースなんだよね。

年末から年始にかけて里帰りしたり中国行ったり、同業者のセールを手伝いに行ったりと、しばらく仕事場から離れていたせいか、お客さんの間では行方不明という噂が流れたいたらしい。
「連絡がつかない」っていう程度の話ならともかく、「中国に永住した」とか「北海道神宮で偽札使って捕まった」とかそういう犯罪ちっくな噂は勘弁してください。今日から真面目に仕事しますので。
つか俺、世間にはそーいう風に見られてるのか?
こんなに好青年なのに・・・。
いい大人なのに、一日限定っていうことで金髪にしてみた。
こんなゲームを見つけました。暇な人は遊んでみてください。
久しぶりにダイエットを兼ねてサッカーに行こうと思っていたのに、業者仲間の新年会に拉致される。さらにデブ化の一途。
わかってはいたけど札幌の大雪にびびる。駐車場屋根付で良かった。
この日は仕事の予定も無く、帰るだけという比較的のんびり出来る日程。アモイの繁華街まで足を運び、食事したり買い物したり。
51594001.jpg
中国といえばパンダ。パンダクッキー50元(約600円)。しかし製造元はなぜかマレーシア。


買い物の後、トイレに行くついでに、わりとオシャレなCafeに。アイスカフェオレを注文して延々20分近く待たされてやっと出てきたのが生ぬるい。つか、氷が入ってない。どうやら氷を入れてキンキンに冷やすって事をしないらしい。
DSC02180.jpg
そして上に乗ってる生クリームもべチョべチョ。俺の注文するセンスが悪かった。


飛行機まで少し時間があったので、通訳の陳さんに中国式の麻雀を教えてもらった。正確には麻将というらしい。
基本的には日本の麻雀と同じで役を作って上がるのだが、ドラや裏ドラが無かったり、リーチが無かったりと点数の部分で大きく日本と違うらしい。詳しくはこちら
DSC02192.jpg

その他の大きな違いは
・リーチが無い
・点棒が無い
・捨て牌を並べない(最近は並べるようになったとか)
・親と子の和がり時の点数差が無い
・親の連荘が無い
・振りテンが無い
・ロン和がりであった場合でも放銃者以外の2者は一定の点数を支払う
などなど。しかも同じ中国でも地域によってルールも違うらしい。う~ん奥が深い。


と、いろいろ遊んでいるうちにいつの間にか搭乗の時間。空港まで送ってくれた陳さんとハグハグし、涙のお別れ。といってもまた4月に会うんですけどね。
出国手続きも税関検査も無事済まし何事も無く搭乗。歴史の国・中国を旅立ちました。
DSC02197.jpg

なんだかんだいって結構楽しい旅でした。次の旅日記は5月の南米かな??




昨日の日記で「何食べれるか楽しみ~」なんて書いたけど、いきなりやられちゃいました。
ガチョウの足(水かき付)と巨大椎茸のソテー
DSC02184.jpg
残念なことに写真じゃ現場の臨場感が伝わってこない。
結構、いやかなりグロかった。っていうか俺、普通の椎茸も嫌いだし。


でこの日、最終日っていう事もあって歩いて市内を散策。百貨店とか行っちゃいました。名前忘れたんですけど、お決まりのマクドナルドとかケンタッキーとかも入ってる結構大きなデパートで、茶器とか変な置物とかいろいろ買い物しちゃいました。これまた安いんだわ。
DSC02181.jpg
肯徳基って書いてケンタッキー。これだけならまず読めないだろうな。


さらに市内をぶらぶら歩いていたら、華やかに飾りをつけた車をみかけた。なんでも花嫁が花婿の家に向かうとき、そういった装飾をするそうだ。この時期中国は結婚シーズンなんだとか。でも、車で行けるのは一部の裕福な家庭で、ほとんどの人はバイクや自転車に乗って嫁入りをする。う~ん諸行無常。
DSC02179.jpg
こんな感じで飾りつけするんだけど、前から写したほうがもっと豪華だった。失敗。



DSC02191.jpg
偶然、バイクで嫁入りする人を発見。すれ違う時、「ばいば~い」って手を振ったら花嫁さんも手を降り返してくれたが、その時バイクから落ちそうになってた。記念すべき日に怪我しなくてよかったよかった。

さて、明日はいよいよ帰国編。南国アモイから豪雪の札幌に向けて出発です。



さすがに四日目ともなるとだんだん身体が中国に馴染んでくる。その象徴とも言えるのがトイレ。ホテルや空港などの外国人観光客がよく訪れるような施設のトイレは日本の洋式トイレとさほど変わりはないのだが、ガソリンスタンドや町のレストランなどのトイレは結構キツイ。小の方はまだいいとしても、大の方は結構勇気がいる。
DSC02171.jpg
これは、割りと高級なレストランの大便用トイレ。しゃがむとちょうど身体が隠れるようになっている。つか、これはまだマシな方。


DSC00210.jpg
一般的な食堂とかのトイレ。溝の上に跨ってする。もちろん溝は繋がっているので、前に人がいたら、その人のブツは自分の下をスルーしていく。丸見え。たぶん女性用も同じだと思う。ちなみに俺、こういうトイレを2回使用しました。うち1回は後ろに人がいたのでちょっと照れた。

実は、もう1箇所スゲートイレがあったのだがあまりにも汚くて写真撮れませんでした。つか、トイレの写真をパシャパシャ撮ってる俺って一体・・・・。


トイレの話の後でなんだけど、この日の昼食は青島(チンタオ)ビールの直営レストランに行ってきた。日本で言えば、ビール園みたいな感じ。さすがに直営店だけあって、ウエイトレスの女性はチャイナドレスではなくバドガールもどきのボディコン(死語)ウェアだった。
DSC02166.jpg
右側が日本でも売られている青島ビール。左は国内のみの販売の青島生ビール。味は・・・まぁこんなもんかな・・・っていう感じ。それよりもビールを冷やさないのが気になった。


DSC02169.jpg
パッと見はから揚げみたいだけど、実はコレ豚の腸に野菜をつめたプークーというおつまみ。臭いがきつかったけど、意外に美味しくて、ビールとコレばっかり食べてた。

いよいよ明日は最終日。って俺仕事できてるのにほとんど食べてばっかりだな。最後ぐらいビシッと仕事を・・・・するわけないか。
何食べれるか楽しみ~




この日、午前中はのんびりとホテルで過ごす。なんでもアモイは週に2日間電力制限があり工業用の電力はストップされるらしい。そのため午前中は自家発電に切り替えるのでホテルで待機していてとの事。
と、言われてもさしてやることもなく、ボケッと部屋でテレビ鑑賞。一応このホテルの各部屋にはCSが入っているので、日本のテレビ(NHKだけど)や欧州サッカーなんかも見ることが出来るのだけど、運悪くこの日は興味をそそるものが全くやってなかったので、なんとなく中国の歌番組をだらだら見た。中国のアイドルとかいっぱい出てて面白かったな。日本で言えばベストテンとかやってた頃の感じか。懐かしい。

018.jpg
司会の女の子3人組。結構カワイイ。


昼から夕方にかけて仕事をこなし、夜はまたレストランへ。さすがに3日目ともなるとどんな料理が出てくるが大体想像がつくが、それでも出てくるまで油断は出来ない。注文している中国語にジッと耳を傾ける。もちろん何喋ってるかわからないけどね。

017.jpg
通訳兼工場案内係の陳忠隆さん。宮崎の大学に通っていたので日本文化にも詳しい。



016.jpg
陳忠隆さんの弟の陳昌隆さん(右)と工場長の趙明啓さん(左)日本語はまったく通じない


食事中にふと携帯電話の話になった。最近中国でもカメラ付きの携帯電話が発売されたらしく、新し物好きの陳昌隆さんは早速購入したとのこと。見せてもらうとソニーエリクソン製だった。日本でいえば505iのような感じのつくりだ。価格は4000元(約48800円)。工員の平均月給が500元(約6300円)と考えればとてつもなく高い。ちなみに中国製の携帯電話は300元~700元(約3660円~8540円)。

015.jpg
当たり前だけど中国語の表示がなんとも異国情緒を感じる


この携帯電話の件や毎晩豪華な食事をすることでもわかると思うけど、日本に比べれば中国はホントに貧富の差が激しい。人民は平等を謳った毛沢東。共産主義の歪みが現実にはこういうところに表れているっていうことを改めて思う。つか、中国文化の底知れないパワーは戦後の日本と比較されるけど、実際はその比じゃないと思う。だって世界の5人に1人は中国人なんだもの。世界のどこの国に行っても中華街があるのも頷けるな。
さ、あと2日。楽しまなきゃ。




朝から中華粥をしこたま食べて、仕事先の紙漉き工場へ。ホテルから車で20分ぐらいのところにあるのだが、その運転は半端じゃなく恐ろしい。2車線しかない道路に車とトラックが平気で3台並んで走ったり、交差点にはほとんど信号がないので、突っ込んだモン勝ちのような右左折。乗ってても気が気じゃなかった。

012.jpg
今回の旅の送迎車。一瞬三菱のデリカ?と思ったけど実はコレ、中国汽車製「瑞風」。パクリ?



013.jpg
観光名所のひとつアモイ大学。大学のクセに夜になると建物全体をライトアップする。アモイの有名なデートコースでもあるらしい。


休憩のたびに出てくる烏龍茶。これがまたスゲー美味い。茶葉自体が日本で売っているものと違うらしいが、煎れかたも絶妙。それにしても中国の人は何故かみんな痩せている。これも烏龍茶の効果なのか?

014.jpg
思わずこの茶器セットを買ってしまった。80元(約970円)安いっ!


相変わらず昼食も夕食もボリューム満点で、中国2日目にして確実に2キロは太った予感。この日の夜はホテル内にあるジムで1時間ほど汗を流して就寝。中国まできて何やってんだか。


予定時刻通り関空から出発し予定時刻通りアモイ空港に到着。さすがANA。いぜんスペインに行った時のイベリア航空は平気で2,3時間遅れやがったからな。
中国っていうと自転車っていうイメージだったけど、実際はバイク天国。あちこちでバイクが暴走している。しかも明らかに過積載で。
011.jpg
何積んでるか知らんが絶妙なバランス



010.jpg
もうコレくらいの荷物は当たり前のように積んでいる。しかも一番下は中華鍋


一通り仕事の打ち合わせを終えて夕食へ。アモイは海に面しているという事もあって、海鮮中華を食べさせてくれるという。
着いたレストランは玄関でチャイナドレスを着たおねーちゃんたちが10人ぐらいで出迎えてくれる超豪華なレストラン。地元の人はまず来る事が無い店なんだそうだ。
出迎えてくれたチャイナねーちゃんの案内でまず食材を選び、それを調理して出してくれる。食材見たってよくわからないからお任せにしたら、見たこともないような貝や魚のオンパレードで見ただけで腹がいっぱいになる。いや、実際量も半端じゃなく多いんだけど。年末にサッカー仲間のフリーザが中国行って胃拡張になったって言ってたけどそれもうなずける。

009.jpg
まるで市場のような雰囲気。臭いがちょっときつかった。



008.jpg
小枝のような長細い貝。これが結構美味い。アサリの酒蒸しみたいな味


007.jpg
人民服を借りて、小豚の丸焼きの前で記念撮影。結構似合ってる?





実際に中国に旅立つのは明日の早朝のため、この日は関空に程近い大阪市内のホテルに宿泊。
とりあえず大阪にきたら、今が旬のフグを食べようという事で、さっそく難波の法善寺横丁へ

5年位前に来た時の勘を頼りに難波の駅から歩いていると、法善寺横丁入ってすぐの所にお目当ての店発見。その名も玄品 ふぐ 法善寺の関
004.jpg
すぐ横の不動明王では山伏達が雄たけびを上げていた


時間が早かった事もあり待つことなく案内されたけど、通常だと6時過ぎた辺りから満席になる人気店。
てっちりのコースと季節物のフグの白子をたっぷりと堪能し、明日から襲ってくるであろう中華料理地獄に備える。
005.jpg
これで3人分。この他に鍋と雑炊が出てくる。量多すぎ。


006.jpg
白子は塩味と醤油味の2通りの味付け。塩味の方が旨かったな。


次の日の朝が早いという事もあって、この日はこのままホテルに直帰。なんとなく飲み足りなかったが、朝6時起きという事を考えればちょうどいいのかも。
今日からしばらく中華の国へ旅立ちます。
一応ノートPC持って行きますが、向こうのネット環境がよくわからないので更新が出来ないかもしれません。
中華旅日記は1月10日以降に随時upしますが、10日過ぎてもupされない場合は・・・・


行ってきま~す



003.jpg
一路関空に向かう新幹線


何年か振りに親戚と過ごす正月。
わざわざ岐阜県の恵那市というところまで行ってきました。
なんでも大晦日から元日にかけて雪が降ったらしく、路肩は結構積もってます。
当然、日陰部分は道路も凍結しているわけでこんな感じです。
002.jpg



で、それまで運転していた43歳の従兄弟が一言

「なぁ、運転変わってくれ。お前、札幌に住んでるから慣れてるだろ?」


おいおいおい。いくら雪道慣れてても、夏タイヤは勘弁してください。
したことないです。つか、したくないです。
このBlogをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。
そして僕宛に年賀状を送ってもらった皆様ごめんなさい。
年賀状まだ書いてません。しかも明後日から中国行くので帰ってからしか書けません。
というわけで、僕の年賀状がそちらに届くのは、すっかり正月ムードもぶっ飛び、なんなら成人式も終わり、お年玉年賀ハガキの抽選が終わった1月15,6日になるかと思います。



寒中見舞いっていうことでヨロシク

001.jpg

゜*。(*´Д`)。*°
取扱説明

abj

  • Author:abj
  • 基本的には、管理人abjが日々の思いつきや愚痴や自慢等、またはちょっとしたムフフな自分以外の人にはまったく役に立たない情報を発信しつづけるサイトです。
    札幌の話題が中心ですが、だからといって観光するときに役立つかといったらそうでもないです。
    自己満足がメインテーマなので、そういうのが苦手な方は近寄らない方が賢明。
    たまに間違って仕事関係の人が見ている場合がありますが、まったく仕事とは無縁のBlogなので、その辺をよく顧慮してからお進み下さい。
    万が一、機嫌を損ねるような発言や問題の画像などがありましたら、こっそりとメールでご一報ヨロシクです。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ