これだけネット社会になると

そのもの自体お目にかからなくなったけど

ちょい田舎の方に行くとたまに見かけるよね

エロDVDとかエロ本の自販機

100831-0940.jpg

そんな最近の自販機は、免許証を提示しないと購入出来ないそうです。

100831-1255.jpg

てか

そこまでして誰が買うんだ?

いや~ホント

残暑厳しいっすね。
関東在住のフーテンのやっつことヤスヨンさんが、Japan Timesにて紹介されたライジングサンのライブレポートを翻訳した。

もうね行った事無いライジングサンだけど、ちょっと感動。

そんなわけで、ここに転載しちゃいます(もちろんやっつ先生には無断なんですけど)

-以-下-転-載-

これは地球上で最もくつろげるフェスだろうか?
小樽市(北海道)で開催される『ライジングサン・ロック・フェスティバル』では、台風の影響で、開催の数時間前まで降り続いた雨が会場を水浸しにしたぬかるみを、誰も気にした様子はない。

スタッフはどこか楽しんでいるように見え、リストバンドのチェックをする所では、和やかな空気を発し、何時間も立ちっぱなしなのにジョークまじりに観客にパスを見せるように声をかける。それはリストバンドのチェックというよりは、スタッフは多くの観客に大きな声を出し、声を出させ、彼らのそのテンションを確認しているようでもある。

涼しい風が広大で平らな大地に吹き付け、29度の気温にさわやかさをもたらす。
何の不安もない。

今や12年目となる『ライジングサン・ロック・フェスティバル』(8月13日~14日開催)には、日本の他の主な夏フェスのいいとこ取り、それは例えばオールナイトにしたようなフジロック、ロック・イン・ジャパンフェスの参加しやすさ、サマーソニックの若々しいエナジーの要素がありつつ、参加者を思って用意された少しばかりの無料のハンモックや、ステージが見えるキャンプサイト、目を見張るようなフードコートの施設から、ライジングサン独自の明確な思想が伺える。

そして出演者には、大御所からニューカマーまで、蒼々たる日本のバンドが名を連ねている。

ではその後者、ニューカマーから紹介していこう。
圧倒的に若い女性ファンからなる多くの観客の支持を集めるスリーピースバンド、andymoriは、金曜の昼下がりのGreen Oasisに登場。ベースの藤原寛は影響を受けたスミスの『Meat Is Murder』Tシャツを着て、彼ら流のインディーポップを惜しげもなく披露した。

男女ともに幅広い人気の新鋭、女性4人組のキノコホテルは、60年代に逆行したような魅惑的なサイケデリックロックのセットで、Crystal Palaceの温度をあげ、危うく会場のステンドグラスを溶かすのではないかと思われた。
一方、Tobaccojuiceは木々に囲まれた Bohemian Gardenで、ジャンルレスなギターポップの攻める選曲でファンの心をくすぐった。

おそらく、最も待ち望まれたショーはEarth Tent(会場で2番目に大きなステージ)で行われた。
大型のテント構造であるこのステージは、足場が不安定な泥に囲まれていたが、それはマキシマム ザ ホルモンのファンが彼らの凱旋のために押し寄せるのを阻めなかった。

ドラムと女声と姉と母のナヲが昨年妊娠してから初の北海道公演で、この非常に人気のあるハードコアメタルバンドは、ファンが間違いなく語り継ぐような激しいライブを行った。
彼らはまた、ライブCDのためにその演奏を録音した。

Earth Tentではほかに、インタビューや写真撮影に関して厳しいポリシーをもち、めったに人前に現れないため、神秘的なイメージのある相対性理論のステージで大混雑した。

実際、彼らはある種の神話ともいえる地位をすでに成し遂ている。そして贅沢で無意味にちりばめられた、ジャズテイストなポップスを演奏する土曜の夜の相対性理論の演奏のために、何千ものファンと、彼らを見たことの無いオーディエンスを集めた。

バンドがこれをよしとするか、いや、彼らはそれを許さなかったかもしれないが、ボーカルのやくしまるえつこはまたひとつの象徴となった。
相対性理論の音楽はとても壊れやすく個々に親密なものである。こんなに大きな音ではその世界感にヒビが入ってしまうかと思われたので、このような大勢の観客が集まることは控えめに言っても予想外だった。

しかし、これは、キッズだけについてではない。
金曜深夜、最後にいくつかのバンドを見たかったが、泊まることのできないというありがちな問題を抱えた観客を乗せた、札幌への最後のシャトルバスが出発したあと、Earth Tentは暖かく奥田民生を迎えた。

ベテランのソロアーティストとして、また大プロデューサー(昔プロディースしたPUFFYが夕方の楽しいライブを演じたことでもおなじみ)でもある奥田民生は、ニューアルバム『OTRL』からの新曲と、なじみのヒット曲を織り交ぜて、素晴らしい演奏をした。彼の声は素晴らしく、豊かで、暖かくて、家庭的だった。
手製のテルミンを搭載したマイクスタンドからは、彼のブルースロックがサイケデリックなうなりを上げた。

60才のロックンロールアイコン矢沢永吉は、土曜日の昼に、フェス最大のアリーナ、Sun Stageのオープニングを爆音で飾った。
11人の日本人と外国人からなる強力なバンドを従え登場した、白いシャツとクリーム色のパンツを身につけたカリスマは、柵で区切られた前列のファンと握手し、代表曲『止まらない Ha~Ha』では、観客がみな、永ちゃんのショーでは伝統となっているヤザワタオルを空中に投げ上げた。

小さなMoon Circusのステージでは、最近再結成された70年代のニューウエーブグループ、Plasticsが多くはないが熱心な観客のために演奏した。
バンドリーダー中西俊夫は袖にキーボードを仕込んだロボットスーツを着ていたが、それを巧みにヴォーカリストである娘のカリンに着せ替え、彼は輝く銀のジャケットに着替え、彼女にスポットライトを譲った。

カリンが本当に、母親で、初代のボーカリスト・佐藤チカから受け継いだ、世間と迎合しない歌詞の世界を信じているかどうか見分けるのは難しい。それは佐藤チカですらわからないことだろう。
しかし、金属的なギター、チープなシンセサウンド、電子ドラムと鋭く叫ぶボーカルのある種グラグラした音のミックスは、今までと変わらず、どこから見てもクールに聞こえた。

クールと言えば、Theatre Brookは、劇的に解釈したリヒャルト・シュトラウスの『ツァラツストラかく語りき』(『2001年宇宙の旅』のテーマとしておなじみの)とともに、真夜中のRed Star Fieldに登場した。
アフロヘアーのリーダー佐藤タイジはセットリストの大部分、ジミヘン風インストの華々しいジャムセッションを演奏した。

雷鳴と稲妻(ありがたいことに空からではなく、PAと照明による)とともに登場したTha Blue Herbは、全く異なるトーンのステージを演じた。
この札幌の男性たちは、しっかりと忠実な彼らのファンを引きつけた。

Boss The MCとDJ Dyeが、金曜日のSun Stageのヘッドライナーだったスチャダラパーの軽いパーティーラップを恥として、彼らの明確な輪郭を持つ、札幌のストリートレベルの人生観に裏付けられたヒップホップを届けようと舞台に立った時、彼らのファンは文字通りどよめいた。

フェスティバルの名前が示唆するように、土曜日の深夜から翌朝早朝までのお祭り騒ぎの本当の主役は、バンドでなくライジングサン、昇る太陽自体である。

残念なことに、濃い霧からのスペシャルゲストはその影響を弱めた。またそれはSun Stageで演奏するASIAN KUNG-FU GENERATIONによって音楽的に彩られたとは言えないだろう。

また、露店が午前2時30分(フェスティバル終了の前の3時間)以後アルコールを売るのを禁止している事なかれ主義的な規則は、フェスをちょっとした尻すぼみさせた。

それにもかかわらず、ステージの照明は、このライブ音楽の桃源郷で、暗いもやに対し奇麗に見えた。

バーベキューのまわりに群がり、明日からの日常生活へ戻る困難な旅の前に、幸福な最後の瞬間を味わうそれぞれのテントから見つめられる宴の象徴として、そこには極めて少ないフェスティバルだけが成し遂げることを望む、はっきりとした穏やかな感覚があった。

-以-上-


【以下やっつ先生コメント】
て、このライブレポート、結構辛辣なのね。
あと、見てないステージのことは全然わからなくて超とまどった!

気軽に翻訳始めたけど、4時間以上かかった。けど、わたし自身のライブレポート書けなかったから、これでわたしのライジングを締めくくります。

12年連続で参加してるけど、今年は間違いなく一番楽しかった。
また来年もあの大地で会いましょう。

長かったリーグ戦も本日が最終戦。
100829IMG_2522.jpg
来期はリーグ登録をする予定は無いので実質俺の引退試合なんだけど、この試合は優勝がかかる大一番。
10点差以上の大量得点での勝利で優勝。
それ以下得点での勝利だと準優勝。
引き分け以下は3位というなので、アラフォーabjが出場するには空気が重すぎる雰囲気。

勝利が絶対条件という状況のプレッシャーに潰されたのか、なかなか得点できず逆に押し込まれる場面もあったりしてね。

結果、0-0のスコアレスドローで、昨年に引き続き3位という成績で終わってしまった。

そして

abj

引退試合で出場出来ず


まぁ試合に出たところで何も出来なかっただろうし
かえって足を引っ張る結果になったかもしれなかったので

積極的に試合に出ない事が

俺的ナイスプレー


ってことでいいね?

2年連続3位という結果は満足出来ないだろうけど、40歳の俺を真剣勝負の場でプレーさせてくれた仲間に感謝感謝。

来年また頑張ろうぜっ!





俺はもうやらないけどな。
仕事関係飲み会のダブルヘッダー

西18丁目からススキノという長距離移動だったけどなんとか無事に乗り切った。

最後はフラメンコとせいちゃんライブで締め。

100828IMG_2521.jpg

100828-2155.jpg

あーつかれたー

そして酔っぱらったー

30日に英国へ帰国するリース家族と会食

100827IMG_2524.jpg

全く日本語が通じないので酒の力を借りて、全力の英会話で頑張ったけど、きっと俺の思いの10分の1も伝わってない様な気がする。

ただ、それでもお互いベロンベロンに酔っぱらっていたので、終始笑いは絶えなかったけどね。

気をつけて帰ってねー
ちょっと前なんですが、北海道森永さん絡みの仕事がありまして、打ち合わせ等々で白石区にある事務所に何度か足を運んだんですけど、そこで衝撃的なキャラクターを見つけました。

さすがに打ち合わせ中だったので写真は撮れなかったんですけど、ネットで発見

100826-0954.jpg
これ、見た事ありますよね?

このキャラクター



ホモちゃんというらしいです


ご丁寧にこんな説明まで

100826-0953.jpg


もうね

誰か企画段階で止めなかったのかよ?

他になんかネーミングあったろうに

「ホモだけに突っ込めなかった」ってか?

なんて、いろいろ考えちゃったくらい。




興味のある人は公式webでもどーぞ
http://www.morinagamilk.co.jp/products/brand/milkpudding/secret.html

40代女性のミスコン「国民的美魔女コンテスト」ってのを開催してるとか。

100825-1536.jpg

皆さん綺麗な方ばかりでとても40歳代には見えません。

やっぱ女性は40歳になってからが本当の魅力が出てくるな。

熟女万歳!

ちょっと垂れたぐらいがちょうどいいってね。
朝起きたら知り合いの書家からヘルプの電話。

なんでも、昨夜の大雨で教室が床上浸水したとのこと。

公私共々お世話になっている人なので、短パンに長靴というスタイルで現場に急行。

で、現場に着いてみたら↓こんな状態

100824-1216.jpg

画像じゃわかり難いけど、くるぶしくらいまで水に浸かってて泥の臭いが充満。

もうね、床の上に直接置いてあった荷物はもちろんだけど、ストーブや扇風機といった電化製品も全滅。

水害怖ぇぇぇって思ったもの。

結局、何だかんだと汚れた荷物を片付けるのに、大人4人で丸一日掛かって、最後はヘトヘトになりながらおつかれさーんとビールで乾杯したもの。

まぁでも

その乾杯で勢いついちゃって、気がつけばススキノでサッカー仲間集めてドンチャン騒ぎしちゃったんですけどね。

100824-2210.jpg
土日で体内に溜まったアルコールを消化する為に平日フットサルに参加

100823-1855.jpg

人数不足は何となくわかっていたけど、ジョッピンメンバーまさかの4人。そして相手ブラックスターさんも4人。
結局、終始4vs4の変則マッチで遊んだ訳だけど、そりゃあもう汗かきまくりで、予定通りデトックス出来ました。

まぁデトックスしたところで、すぐにまた体内毒素は溜まっていくんだけどね。
結構マジでキャンピングカーが欲しくていろいろ探していたらこんな記事を発見

三輪自動車を改造したコンパクトなキャンピングカー「bufalino」

100824-1646.jpg


ペダル式のオート三輪を改造したキャンピングカーだそうです。

これくらいならミゼットベースとかで作れそうな気がする。

誰かチャレンジしてみない?

その他の画像はこちら
http://www.frablo.jp/2010/08/24/compact-camper-bufalino/
アイルランド系カナディアン・リースと、十勝系ジャパネスト・アスカの結婚式に参加

100821IMG_2431.jpg
国際結婚という事で、出席者はそりゃあもう国際色豊か

100821IMG_2427.jpg
リースの父さんに至ってはキルト装着で注目度抜群。なんなら全然関係ない大陸の方達からも写真をお願いされてたくらい。

100821IMG_2433.jpg100821IMG_2434.jpg
外国人特有のノリとテンションで終始盛り上がった披露宴で、スピーチも両家の挨拶も英語でのスピーチだったのですが、とりあえず笑っとけみたいなノリでいろんな意味で面白かった。




そして

ジョッピン平日フットサル部の方々へ質問

↓この人どこかで見た事ありませんか?
100820IMG_2432.jpg

実はこの人、ブラックスターさんの外国人枠Gagnoon
先日のつどーむ興行の時、ラティーノかと思いきやカナダ人と判明したGagnoon

まさかまさかのリースの友達でした。

というか、Gagnoonがアスカの高校時代の同級生でもあるんですけどね。
それにしても世間は狭い。狭すぎる。

そんなこんなで盛り上がった披露宴

この後、二次会三次会と続いて行く訳ですが、それはまた別の機会にでも。

なんせ

載せられない画像が多過ぎて困る。

もういい大人なんだから、チ○コとか丸出しにするのやめようぜ!
100820IMG_2425.jpg

酔狂系ラテン看護士emitaの37回目の誕生日という事で、バーボン&onoちゃんも交えて麻生の居酒屋で馬刺祭り。

いつもこの店にくるとベロンベロンになるemitaだけど、この日は何故かおとなしめ。

37歳になってようやっと飲み方がわかってきたんだろうか?

誕生日おめでとうemita
とあるサイトで見つけたアジア娘のビフォーアフター画像

100820-1451.jpg

すごいっすね

化粧ってすごいっすね

フォトショップ級にすごいっすね

もうね

何が本当なのかわからない

そんな世の中にポイズン




その他のアジア娘のビフォーアフター画像は↓こちらからどーぞ

くりっく
8月3日に予約したiPhone 4

本日無事に






キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!




100819DSC03108.jpg


こうやって画像で見ると、3Gとあんまり違いがわからないと思いますが


3G→iPhone 4への乗り換えは劇的に進化を体感出来て嬉し過ぎです。

マルチタスキングも
FaceTimeも
解像度4倍のディスプレイも
5Mカメラも
ハイビジョン動画も
CPU速度も
iOS4になったからといっても3Gじゃあまるで実感出来なかったからね。

しばらくはこれで遊べそう

うひょーい
お盆休み明けでバタバタと忙しいのを尻目にこっそり仕事を抜け出してフットサル。

scaled.jpg

18時過ぎに到着したけどジョッピンメンバーはカワさん1人。
相手チームのBlackstarさんも3人しか居ないので、こりゃあ試合どころじゃねーなと不安が過ったのだけど、たまたま隣で練習していた高校生やその友達を誘って、結局は20名オーバーの大人数になった。

この日はフットサル終わってから、帰省中のゼルと飲み会を予定していたので、これだけ人数が居れば大丈夫だろうと、いつもより1時間早く20時早々に切り上げたんだけど、遅れて参加したフリーザにはホント悪い事をした。すんません。

そんなわけで、程よく汗をかいたので麻生に移動し、帰省中のゼルを囲んで飲み会。

scaled-1.jpg

「海さくら」という新しく出来た店らしいんだけど、魚介類中心の割には値段もリーズナブルでなかなか良かったです。
まぁただ、ハイボールには若干騙されましたけどね(←いい意味で)
結局、なんだかんだと閉店まで騒いで解散。
いい感じで酔っぱらいました。

それにしても

最近飲み過ぎだなぁ

お腹かがポヨンポヨンしてきた。
突然ビーチにあらわれたペプシがギッシリ詰まった氷の冷蔵庫。

中のペプシを取り出そうとお尻を擦り付けたり頭突きしたり。

そして最後は見事に冷蔵庫を破壊。

実はコレ、ペプシのプロモーションなんだそうです。

楽しそうでいいなぁ。こういうノリ、嫌いじゃないです。

働き口を探している皆様方に吉報です。

なんと、内閣府でバイトの募集してまっせ!

http://www8.cao.go.jp/jinji/saiyo/sonota/index.html

以下、転載



1 採用内容
(1)職 名: 内閣府遺棄化学兵器処理担当室 遺棄化学兵器処理事業参与(非常勤)
(2)採用予定者数:1名 (3)採用予定日:平成22年10月1日

2 職務内容
当室は、化学兵器禁止条約に基づき、中国に遺棄された旧日本軍の
化学兵器を廃棄処理する事業を行っています。
遺棄化学兵器処理事業参与は、職員の一員として本事業を円滑に進めるために必要な業務のうち、
専門的な知識と経験を必要とする業務を行っていただきます。
具体的には、採用者の専門性・経験等を勘案しつつ、必要とする業務内容範囲を適宜指定させていただき、
遺棄化学兵器処理担当室長の下、担当参事官等の指示に従い、中国側との専門家会合における協議や
各種政策判断のための各種資料の作成等、専門的な知識・経験を必要とする事務を行うとともに、
中国国内の事業実施地域において、事業に従事する日本側要員の指導・監督にも携わっていただきます。
今回は、以下の専門性及び経験・実績を有する方の公募を行います。

● 専門分野:特殊技術分野
旧日本軍の化学兵器及び弾薬の発掘・識別・鑑定・安全化措置等に関する
専門的知見及び実務経験又はこれらと同等と認められる知見・経験を有する者

3 応募資格 次の条件に該当する方
(1) 大学卒業後15年以上の職務経験を有し、
   その経験から高度で複合的な業務のマネージャーを務めることができること
(2) 健康状態が良好で職務に専念することができること、かつ中国への長期間の出張にも支障のないこと

4 勤務条件
(1)勤務地:東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎第4号館
(2)勤務時間:原則として、平日の9時30分から12時00分及び13時00分から16時15分
(3)任 期:採用日から平成24年3月31日まで(予定)
(4)給 与:日額17,200円~21,700円(経験等による)

※ 通勤手当の支給、社会保険の加入あり 
※ 賞与なし ※ 退職金制度なし
※ 年次休暇は6か月経過後に付与(全勤務日の8割以上出勤の場合)
内閣府:採用情報>その他の採用情報>遺棄化学兵器処理事業参与(非常勤)の募集について




まぁただ

> 旧日本軍の化学兵器及び弾薬の発掘・識別・鑑定・安全化措置等に関する専門的知見及び実務経験又はこれらと同等と認められる知見・経験を有する者。

↑このハードルをどう越えるかだな。
お盆&終戦記念日というこの日、墓参りもしない罰当たりどもが厚別集合。

IMG_2390.jpg

当初は厚別競技場のメインで試合ということだったので、これは何としてでも参加せねばと気合いを入れて前日負傷した腰痛を、鍼とお灸とファイテンで克服し参加したのだが

協会の手違いで、メインじゃなくサブでした。というオチ。

il||li _| ̄|○ il||l

試合は得失点差の関係で7得点以上が絶対条件だったのだけど、GKを中心とした相手守備陣の堅い守りを崩しきれず、前半は0-0の嫌な展開。

後半、メンバーを入れ替えて攻勢をかけなんとか4点をもぎ取ったけど、時既に遅し。
結果4-0の勝利だけれど、内容的にはあと3、4点取れたはず。
次節が最終戦なので、勝利はもちろんの事、是非とも大量得点で勝ってほしいね。

ちなみにこの日の俺

残り7分での出場で、3得点に絡む大活躍

カズ&ゴンを見習って四十路の意地を見せたってことかな。

まぁ

7分くらいの出場がちょうどいいってことかもしれないけどね。

ちなみに、この日はホマレメンバーの39回目の誕生日でした。

Happy Birthday三十路ラストイヤー
IMG_2387.jpg
先週の地獄の長沼の反省を生かし、今回はポカリ2L持参で参戦。

試合中も徹底した省エネサッカーで体力温存し、万全の熱中症対策だったのだが、暑さとはまったく関係ない腰痛を再発し撃沈。

まぁでも炎天下の中で死なないだけよかった。

そしてこの日、カズキメンバーの愛娘バルサミ子がジョッピンデビュー。

めんこかったよー。
もうね

この男は何をやってもカッコいいね

まぁとりあえず見ておくれよ




Cristiano Ronaldo Private Freestyle
とあるコミケ会場近くの某コンビニの商品陳列画像だそうです。

100813-1006.jpg

最初意味がまったくわからなかったけど、コミケ会場っていうのは、どうやら相当な勝負の場らしいですね

これに対する皆さんの声→くりっく
オードリーの若林って小動物系だよなーって思ってたら、ネットでこんな画像を拾いました。

100810-1708.jpg

もうね、マンマじゃん。

↓これなんて、ちょっと狙ってるんじゃないの?って感じだもの

100810-1709.jpg



【おまけ】

100810-1710.jpg


100810-1712.jpg


100810-1713.jpg


100810-1714.jpg


100810-1716.jpg


100810-1720.jpg
ニシとパナを誘ってススキノで創業40年という焼鳥屋へ

1008102257_01.jpg

焼鳥の種類も飲物の種類も決して多くはないけれど、なんだか雰囲気がいいね。

焼鳥はもちろんだけど自家製のニシン漬けも美味かった。

ここなら一人でもこれそうだ。

これからしばらく通ってみようっと。

それにしてもこの日は

焼鳥屋

焼鳥屋

居酒屋

うどん屋

というどんだけ喰うんだ?っていうハシゴ。

そりゃあパナも撃沈するわな。
前回の第7話で完結したかと思われた低燃費少女シリーズですが、おまけムービーがupされていました。


おんじ帰宅編



低燃費ってなんじゃろな?



過去の低燃費

1~5話


6話

7話
IMG_2381.jpg
札幌市内は豪雨という状況だったのに、長沼についてみたら太陽が顔を覗かせる快晴。
ここがサッカー場ではなく海水浴場ならもってこいの天候ってくらい。

事前出欠では昨日に引き続き定員割れだったので、バルサミコスメンバーに応援を要請した所、ニシメンバーが来てくれた。

まさしく、神様仏様キングニシ様

ま、ニシが来てもメンバーは足りなかったんですけどね。

そんなこんなで、2名ほど人数が足りない状態でスタートし(途中道に迷ってたホマレメンバーもようやっと合流し10名になってけど、エビちゃんがoutで結局9名)2試合のノルマ+審判をなんとかこなした。

が、この日は蒸し暑さと連日サッカーの披露とでピッチ場に倒れ込むメンバー続出。
中でも、奥さんに無理をするなと釘を刺さされながらも、強行出場したカワメンバーが大変な事に・・・。

2試合目の試合途中に意識をなくすかのように倒れ込んだカワメンバー。
元カメルーン代表フォエの悲劇を彷彿とさせる倒れ方でピッチ内は騒然となった。



意識が朦朧とするというカワメンバー。すかさずフリーザメンバーが「これは熱中症の症状だ!」ということで身体をクールダウン。バケツごと身体に水をぶっかけ濡れタオルで身体を冷やす。
100808_1749_01.jpg





一瞬、幽体離脱しかかったカワメンバー。もはやこれまでかっ!
100808_1747_01.jpg





そこへ、旦那の一大事と聞きつけ子供達と長沼のプールで遊んでいた奥さんも急遽駆けつけ懸命の看護
100808_1754_02.jpg




家族の涙ぐましい看病が実って、意識は戻ったカワメンバー。一安心の奥さんは何故か半笑い。
100808_1754_01.jpg


なんとかピッチ場で死ね事は免れたカワメンバーだが、これだけ家族に迷惑をかけたのだからひょっとしたら自宅で死よりも厳しいお仕置きが待っているかもしれないが、まぁとにかく大事にならなくて良かった良かった。


今回は自分も他人事じゃないくらい「やばい」と感じるほど辛かった。
ラテン系南米看護士emitaによれば、塩分とかをマメに取らないと死んじゃうよとのことで、次回からは水やお茶ではなくスポーツドリンクを持って行く事にする。
それにしても、北海道とは思えぬ最近の気温と湿度。夏場の炎天下でのスポーツは死と隣り合わせですな。
皆さんもご注意を!
赤井川にてジョッピンサッカー

天気予報は雨だったけど、太陽ギラギラで四十路フットボーラーには辛い環境

IMG_2379.jpg

そして前日までの出欠情報では確実に定員割れという最悪の状況

そんなわけで、マチュピチュメンバーやススキノメンバーに声を掛けたのだけど



なんでしょうか




俺自身の交友関係の薄さ露呈




悲しいかな





誰も来ず


つーことで、定員割れにてキックオフ

まぁ相手チームのYFCさんが空気を読んでくれて虐殺にはならなかったけど、やっぱ人数居ないとつらいね。

明日も長沼でGリーグがあるんだけど、きっと今日来たメンバーは誰も来ないんだろうなぁ。

ちょっとした性格診断です。

100807-1751.jpg


まずは↑の9枚の画像から5秒以内に自分の好きな画像を選んでちょ。

ただそれだけです。

性格診断はReadMore からどーぞ


ちなみにこの性格診断は海外の科学者や心理学者らが共同で研究し何年もかけて作り上げたものだそうです。
世界中で何度も実験を繰り返し、図案の形や色を調整して、選び抜かれたものなのだとか。
まぁ遊び半分でやってみて。


【】の続きを読む

IMG_2377.jpg
何年振りかな?久々にススキノ祭り行ってきた。
この日の札幌の最高気温が36度もあったので、もうねみんなバカになっちゃってるのさ。
すんごい人手だったもの。
きっと大通りのビアガーデンもすごかったんだろうなぁ。

まぁ、結局ビール1,2杯飲んでいつもの焼き鳥屋→シンバという流れだったんだけどね。

ちなみにススキノ祭りは7日までなので皆さんも是非どーぞ。
ただ、7日は雨っぽいけどね。
先日のリオ様プレゼンツFootball Skillsが好評だったので、今回はNFLのFantasy Footballを紹介。

サッカーとはまた一味違う脅威の身体能力を披露してます。



もうね加工してあるとかCGとか

そんな議論はどーでもいいのさ

ニコ動Ver.はコチラ(字幕付き)
96jv.jpg
シンバカフェでの東風平高根オキナワライブ&佐々木新アバシリライブ

一人で行くのも何なので、ツイッターで興味を示した@coba_1980を誘って行ってきた。

最初は静かにおとなしく聞いてたんだけど、途中から飲めや歌えのドンチャン騒ぎ。

沖縄料理食べながら泡盛飲んで、三線の音聞いてりゃあこうなるのは当たり前だけどね。

てか、いつもの事だし。

結局後半記憶無しで帰宅。

楽しい宴でした。

゜*。(*´Д`)。*°
取扱説明

abj

  • Author:abj
  • 基本的には、管理人abjが日々の思いつきや愚痴や自慢等、またはちょっとしたムフフな自分以外の人にはまったく役に立たない情報を発信しつづけるサイトです。
    札幌の話題が中心ですが、だからといって観光するときに役立つかといったらそうでもないです。
    自己満足がメインテーマなので、そういうのが苦手な方は近寄らない方が賢明。
    たまに間違って仕事関係の人が見ている場合がありますが、まったく仕事とは無縁のBlogなので、その辺をよく顧慮してからお進み下さい。
    万が一、機嫌を損ねるような発言や問題の画像などがありましたら、こっそりとメールでご一報ヨロシクです。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ