イラストレーターの現実

7baac9b6.jpg


17b2bbd3.jpg


まぁ、どこも似たようなもんですよね

ウチもさ・・・。
何かと話題の車の燃費問題ですが

こち龜の両さんが正論を言っていますよ

99za3.jpg

99za4.jpg

99za5.jpg

99za6.jpg

前にもこのBlogで書いたかもしれないけど

車の売れなくなった理由のひとつに

おかしな税金が掛かりすぎてるってのもあると思う

車検制度を否定はしないけど

せめて5年とかのスパンにしてほしいね。


サバの専門店なんてあるのね

よし、札幌にも鮭の専門店「TOBAR」を作ろうぜ!

こんな感じで!





tobar20160426.jpg


最終的に

こうなったけど

tobar2016B3.jpg


社内プレゼンの結果





こんな感じに



よし

Tシャツとステッカーでも作ろうかな

【追記】

Tシャツは作った

みんな買ってね

https://goods.skiyaki.tokyo/products/23927
漫画でもどーぞ

d6b9563f-s.jpg


20160425-1121.jpg



211e9167.jpg


仕事場の近くに出来たスシローの鯛出汁ラーメンが病みつきで

寿司も食わずにラーメン食ってコーヒー飲んで帰ってくるというランチを

週一でやってるとかいないとか

なんか、すいません

あ、でも

すしドッグは食べましたよ

fc2blog_20160425110949d5a.jpg


カバって意外に長生きなのね。

俺と同い年ですよ、このドンさん。
fc2blog_201604251106524a7.jpg

最近は、ちょっと訳ありで禁酒してるんです。

だからボクを飲みに誘わないでね。

いいかい?もう一度言うよ

ボクを飲みに誘わないでね。

ボクを飲みに誘わないでね。

絶対だよ。

絶対にだよ。
ネットにさ


2chお尻評価100点!


ハーフ美女モデル武田あやな<画像>初グラビアで水着姿を披露

http://2ch-matomenews.com/76898/

なんて書いてあるもんだから

ウハウハして見てみたら

なんか期待外れだったんだよなー

俺が求めてるのは

もっとこう大きさというか

だらしなさというか

んーーー

言葉に出来ない

ようは

こういうの

わかる人だけにわかってくれればいいの
ヘアアイロンでポップコーンが出来るとか

よし、やってみよう!


中山競馬場 11R 芝2000M

牡馬クラシックの第一弾となる皐月賞

今年はサトノダイヤモンド、リオンディーズ、マカヒキの3強といわれてるんだけど

なんとなく、ここに割り込んでくる強者がいそうな気がするんだよねー

エアスピネル・ナムラシングン・ロードクエストあたりが狙い目かもしれないけど

ここは最内枠のドレッドノータスを絡めてみると高配当が狙えるかもね

ということで

1-3-11-15-16 馬連・三連複BOXで

あと単勝・復勝でドレッドノータスを買ってみます。

【G1 皐月賞】の続きを読む

熊本の地震、かなり被害が大きくなっているみたいですね。

いつどこで地震が起きてもおかしくない日本列島、他人事じゃないですよね。

そんな中、ACミランの本田圭祐がこんなコメントを出してます。個人的には本田△に同意ですね。こんな時こそ消費しないとね。



「僕にできることは微力で何もありませんが、日本人としてイタリアからただただ気にしてます。心配してます。応援してます。
多くの日本中の人々が皆さんのことを考えてます。皆さんは決して1人ではありません。
いつも我々が気にしているということをここで伝えさせてください。

一方で、様々な分野で自粛のニュースを目にしますが僕は自粛するのは間違っていると思います。
こういう時だからこそ、各々に与えられた役割を行動に移すことが求められているんじゃないでしょうか。
それなのに、多くのケースは被災者の為ではなく『商品が売れなくなる』、『批判をされるから』という理由で自粛してるのなら、
それはありえない。
本当に被災者のことを思うなら、自粛どころか積極的にやるべきでそれを通じて何ができるかを考えたほうが良いんじゃないでしょうか」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000201-nksports-socc
ecf5c0c3.jpg



この画像


真ん中のところを指で隠して見てみると


上の色と下の色が


同じに見えてくるという不思議


暇な人はどーぞやってみて

なんでも

今年のGWは

メガゴールデンウィークとかいって

長いところだと

10連休とかあるんだってね

もちろん

ウチはブラック企業なので

全く関係のない話なんですけどね

そんなわけで

水着美女の写真でも見て癒されましょうよ

【本日の超大型・・・】の続きを読む

これやってみると

素直な人

観察力がある人

応用力がない人

とか別れるみたいよ

お時間ある人はどーぞ


20160412-1117.jpg
今月29日から運行が始まる新潟―越後湯沢を1日3往復する現美­新幹線
世界最速の美術館っていうふれこみですでに予約殺到なんだとか。
うん、たしかにカッコイイ
俺も乗ってみたい。




阪神競馬場 11R 芝1600M

ダントツ人気のメジャーエンブレムは堅いと思うんだけど、それに続くのがジュエラーなのかシンハライトか迷うところ。

あとは、チューリップ賞3着のラベンダーヴァレイと一発が期待出来るアットザシーサイドあたりも絡めて

5-10-12-13-15を馬連・三連複BOXで

そして、ちょっと怖い存在のデンコウアンジュも気になるので

単発で馬連5-7を買ってみます。

【G1 桜花賞】の続きを読む

都道府県別の貴少性ですって



4f138017.jpg
サッカーの前のアップの時にコレをやるんだけど

たしかに筋が伸びて気持ちいい

ただ、最近、身体の可動域がだんだんと・・・。


d91a52ec.jpg
今日を幸せに生きるため。科学的に証明されたすぐにやめるべき5つの習慣

ということで紹介されてた記事

うん、いろいろと当てはまります



getty_540796257_81439.jpg

幸せの定義は人それぞれだが、毎日を楽しく明るく前向きに過ごすことができれば、十分に幸せと言えるだろう。大きな幸せを手に入れたいと思うのなら、新しい仕事や新しい出会いを見つけたり、ずっと苦しめられてきた昔のトラウマを克服したりと、積極的な行動が必要となるが、そんなことをしなくても、今よりちょっと幸せになりたい。と願うのであれば、これら5つの習慣をやめれば簡単に得ることができるという。

 これらは科学的根拠にもとづいたものだそうで、これまでなされた数多くの研究からは、一見些細な生活習慣の変化でも人の気分を大きく上向かせることが証明されている。

 ほんの少し、ライフスタイルを変えることで、劇的に幸運度が上がる可能性があるというのだから、試してみてはどうだろう?幸せを壊す5つの習慣を今すぐやめればいいのだ。

1. だらだらとSNSを見続けるをやめる

 フェイスブックと科学は仲が悪い。だらだらとSNSを眺めていると孤独感や嫉妬心が深まり、自分の人生に不満が募ることを、多くの研究が指摘している。最近の研究でも、SNSを止めた被験者の幸福感が増すことが明らかにしている。

 こうした研究のほとんどは、SNSの積極的な使用(例えば、これを利用して実際に会う計画を練る)と他人の脚色されたネット上の生活を消費する受動的な使用とを区別している。前者ならば望ましい。友達みんなで集まれば大抵は大きく気分が晴れるだろう。だが後者ではきっと落ち込むことになる。

 だから今すぐ止めよう! もし大好きなSNSを止めることに抵抗があるのならば、「ピック・ザ・ブレイン」にはこんな方法も紹介されていた。「いきなりSNSを止めなくてもいい。まずは携帯のアプリを削除してみよう。これで外出中は解放される」

2. 一日中引きこもるをやめる

 人はまだ、狭い場所に座り続けるようには進化していない。言うまでもなく自然の中で幸せを見つけるようできているのだ。ほんの40秒でも緑あふれる空間を眺めることですら生産性は向上するし、オフィスに観葉植物を置くといったちょっとした変化でも、チームの能力は向上する。

 さらに強力なのは実際に屋外に出ることだ。数多くの研究が、自然の中で時間を過ごすと自制心が向上し、気分がすっきりし、新しい考えが浮かぶことを明らかにしている。また体の健康にもいい。あなたは今週どれくら表で過ごしただろうか?

3. 物欲に振り回されるのをやめる

 請求書の支払いを済ませ、最低限の生活に困らなくなると、人は何かを手に入れようと躍起になる。欲しい物を手に入れることが幸せにつながると信じ込んでいるのだ。だが、科学はそうは言っていない。事実、研究が証明しているのは、基本的な欲求が満たされている場合、物質的な物を得ようとばかり考えることは、不幸への一番の近道ということだ。
 
 物欲を抑えるには何をすべきだろうか? 研究に裏付けられたアドバイスはたくさんある。自分の価値観を意識的にじっくり考えてみたり、広告が目に入らないようにしたり(あくまで現代において可能な限りである)、物よりは経験を買うよう意識したりといった具合だ。新型のテレビを購入すれば、1週間はいい気分だろうが、それで終わりだ。だがコスタリカへサーフィン旅行に行けば、数年経った後も笑顔になれるだろう。

4. いつも忙しくしているのをやめる

 神経科学によると、何もしないことの重要性があまりにも過小評価されているという。「多くの重要な精神的プロセスには、日中にぼうっとする時間や休憩が必要なようだ。ぼうっとする時間は脳の注意力ややる気を蘇らせ、生産性や創造性を向上させる。それは最大限のパフォーマンスを発揮する上でも、単純に日常生活における安定した記憶を形成する上でも不可欠である」と最近の『サイエンティフィック・アメリカン』に掲載された論文が報告している。
 
 要するに、いつも忙しくしていると、脳が焼け焦げ、不幸せになるのだ(言うまでもなく、中長期的な生産性は低下する)。予定がぎっしりでひと息つく暇もないのなら、あなたは自分の気持ちを労っていない。後ろめたさなど感じないで、たまにはゆっくりしよう。

5. 創造性を押し殺すのをやめる

 ベストセラー作家のエリザベス・ギルバートはこう言っている。「活き活きしている人は創造的だ」と。人は誰しも創造的な衝動を持っているのだ。それを無視していれば、悲しみは募り、本来得られるべき満足が得られなくなる。そしておそらく体にも悪い。
 
 「バッファー」というブログにはこう書かれている。「人は創造性を発揮していると、病気のリスクが低下する一方で、自然に健康になり、幸福感が強まってくる。例えば、ハーバード公衆衛生大学院の研究からは、芸術を行うことでストレスや心配が軽減し、気分は前向きになり、鬱になりにくくなるなど、様々な利点があることが明らかにされている」

 創造性を発揮すると言っても、何もピカソになれというのではない。ただ恐れることなく、創造的な趣味に没頭したり、自由な発想で思うがままにやってみればいいのだ。料理や編み物、ギターの演奏など、何だって構わない。ただ自分に備わっている創造力を無視するのはやめよう。


http://www.inc.com/jessica-stillman/science-stop-doing-these-5-things-to-be-happier-today.html
ワタクシは常々

花見は一人でするもんだと思っています。

そしてその事に共感するようなこんな記事を見つけましたのでどーぞ




20160406-1040.jpg

3Lのビールサーバーを使って1人で花見をしてみた。
https://mag.kakaku.com/hobby/?id=3950
メキシコのガラス職人が、吹きガラスではなく一本のガラス棒からマリオを作っている動画です。

何気なく作ってるけど、結構難しいのよね、コレ。

例のアノ音楽も雰囲気出てていいね。



「行けるかな?」

「行ける行ける!」

ピカっ!









スピードの出し過ぎには注意しましょう

舛添知事、出張に対する批判に
「トップが二流のビジネスホテルに泊まるか?恥ずかしいでしょ」

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1877357.html


c300c4da-s.jpg

コメントにもあるけど

自分の金だったら安いとこ探すだろうし

そもそも行く必要があったのかと・・・。
ふぅ



美ボディっていいね



ふぅ

【本日の画像】の続きを読む

気がつけばあっという間の4月

毎年言ってるけど

もう一年の1/4が終わっちゃった。ホント早いよね。

今年は例年以上に値上がりする自動車関連する税金や国民年金保険料が多くて

ただでさえ貧乏なのに拍車がかかりそうな予感

というわけで

わかりやすくまとめたのがこちら

20160401-1111.jpg
http://brillerjapan.com/blog/28-4-1/


それにくらべ、値下がりするものってほとんど無いのね
http://brillerjapan.com/blog/28-4-1-down/



はぁぁぁぁ

生きていくのって大変ね

゜*。(*´Д`)。*°
取扱説明

abj

  • Author:abj
  • 基本的には、管理人abjが日々の思いつきや愚痴や自慢等、またはちょっとしたムフフな自分以外の人にはまったく役に立たない情報を発信しつづけるサイトです。
    札幌の話題が中心ですが、だからといって観光するときに役立つかといったらそうでもないです。
    自己満足がメインテーマなので、そういうのが苦手な方は近寄らない方が賢明。
    たまに間違って仕事関係の人が見ている場合がありますが、まったく仕事とは無縁のBlogなので、その辺をよく顧慮してからお進み下さい。
    万が一、機嫌を損ねるような発言や問題の画像などがありましたら、こっそりとメールでご一報ヨロシクです。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ