本日のやめること

今日を幸せに生きるため。科学的に証明されたすぐにやめるべき5つの習慣

ということで紹介されてた記事

うん、いろいろと当てはまります



getty_540796257_81439.jpg

幸せの定義は人それぞれだが、毎日を楽しく明るく前向きに過ごすことができれば、十分に幸せと言えるだろう。大きな幸せを手に入れたいと思うのなら、新しい仕事や新しい出会いを見つけたり、ずっと苦しめられてきた昔のトラウマを克服したりと、積極的な行動が必要となるが、そんなことをしなくても、今よりちょっと幸せになりたい。と願うのであれば、これら5つの習慣をやめれば簡単に得ることができるという。

 これらは科学的根拠にもとづいたものだそうで、これまでなされた数多くの研究からは、一見些細な生活習慣の変化でも人の気分を大きく上向かせることが証明されている。

 ほんの少し、ライフスタイルを変えることで、劇的に幸運度が上がる可能性があるというのだから、試してみてはどうだろう?幸せを壊す5つの習慣を今すぐやめればいいのだ。

1. だらだらとSNSを見続けるをやめる

 フェイスブックと科学は仲が悪い。だらだらとSNSを眺めていると孤独感や嫉妬心が深まり、自分の人生に不満が募ることを、多くの研究が指摘している。最近の研究でも、SNSを止めた被験者の幸福感が増すことが明らかにしている。

 こうした研究のほとんどは、SNSの積極的な使用(例えば、これを利用して実際に会う計画を練る)と他人の脚色されたネット上の生活を消費する受動的な使用とを区別している。前者ならば望ましい。友達みんなで集まれば大抵は大きく気分が晴れるだろう。だが後者ではきっと落ち込むことになる。

 だから今すぐ止めよう! もし大好きなSNSを止めることに抵抗があるのならば、「ピック・ザ・ブレイン」にはこんな方法も紹介されていた。「いきなりSNSを止めなくてもいい。まずは携帯のアプリを削除してみよう。これで外出中は解放される」

2. 一日中引きこもるをやめる

 人はまだ、狭い場所に座り続けるようには進化していない。言うまでもなく自然の中で幸せを見つけるようできているのだ。ほんの40秒でも緑あふれる空間を眺めることですら生産性は向上するし、オフィスに観葉植物を置くといったちょっとした変化でも、チームの能力は向上する。

 さらに強力なのは実際に屋外に出ることだ。数多くの研究が、自然の中で時間を過ごすと自制心が向上し、気分がすっきりし、新しい考えが浮かぶことを明らかにしている。また体の健康にもいい。あなたは今週どれくら表で過ごしただろうか?

3. 物欲に振り回されるのをやめる

 請求書の支払いを済ませ、最低限の生活に困らなくなると、人は何かを手に入れようと躍起になる。欲しい物を手に入れることが幸せにつながると信じ込んでいるのだ。だが、科学はそうは言っていない。事実、研究が証明しているのは、基本的な欲求が満たされている場合、物質的な物を得ようとばかり考えることは、不幸への一番の近道ということだ。
 
 物欲を抑えるには何をすべきだろうか? 研究に裏付けられたアドバイスはたくさんある。自分の価値観を意識的にじっくり考えてみたり、広告が目に入らないようにしたり(あくまで現代において可能な限りである)、物よりは経験を買うよう意識したりといった具合だ。新型のテレビを購入すれば、1週間はいい気分だろうが、それで終わりだ。だがコスタリカへサーフィン旅行に行けば、数年経った後も笑顔になれるだろう。

4. いつも忙しくしているのをやめる

 神経科学によると、何もしないことの重要性があまりにも過小評価されているという。「多くの重要な精神的プロセスには、日中にぼうっとする時間や休憩が必要なようだ。ぼうっとする時間は脳の注意力ややる気を蘇らせ、生産性や創造性を向上させる。それは最大限のパフォーマンスを発揮する上でも、単純に日常生活における安定した記憶を形成する上でも不可欠である」と最近の『サイエンティフィック・アメリカン』に掲載された論文が報告している。
 
 要するに、いつも忙しくしていると、脳が焼け焦げ、不幸せになるのだ(言うまでもなく、中長期的な生産性は低下する)。予定がぎっしりでひと息つく暇もないのなら、あなたは自分の気持ちを労っていない。後ろめたさなど感じないで、たまにはゆっくりしよう。

5. 創造性を押し殺すのをやめる

 ベストセラー作家のエリザベス・ギルバートはこう言っている。「活き活きしている人は創造的だ」と。人は誰しも創造的な衝動を持っているのだ。それを無視していれば、悲しみは募り、本来得られるべき満足が得られなくなる。そしておそらく体にも悪い。
 
 「バッファー」というブログにはこう書かれている。「人は創造性を発揮していると、病気のリスクが低下する一方で、自然に健康になり、幸福感が強まってくる。例えば、ハーバード公衆衛生大学院の研究からは、芸術を行うことでストレスや心配が軽減し、気分は前向きになり、鬱になりにくくなるなど、様々な利点があることが明らかにされている」

 創造性を発揮すると言っても、何もピカソになれというのではない。ただ恐れることなく、創造的な趣味に没頭したり、自由な発想で思うがままにやってみればいいのだ。料理や編み物、ギターの演奏など、何だって構わない。ただ自分に備わっている創造力を無視するのはやめよう。


http://www.inc.com/jessica-stillman/science-stop-doing-these-5-things-to-be-happier-today.html

コメント

゜*。(*´Д`)。*°
取扱説明

abj

  • Author:abj
  • 基本的には、管理人abjが日々の思いつきや愚痴や自慢等、またはちょっとしたムフフな自分以外の人にはまったく役に立たない情報を発信しつづけるサイトです。
    札幌の話題が中心ですが、だからといって観光するときに役立つかといったらそうでもないです。
    自己満足がメインテーマなので、そういうのが苦手な方は近寄らない方が賢明。
    たまに間違って仕事関係の人が見ている場合がありますが、まったく仕事とは無縁のBlogなので、その辺をよく顧慮してからお進み下さい。
    万が一、機嫌を損ねるような発言や問題の画像などがありましたら、こっそりとメールでご一報ヨロシクです。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ